×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スキニーデニムの特徴情報!

スキニーデニムの特徴

カテゴリー :スキニー デニム

足のラインを強調する為に、余分な部分を削り落としたシルエットがスキニーデニムの特徴です。スキニージーンズとは言わないので、語源の違いから考えると、カジュアルなジーンズに対してシックで大人っぽいのがデニムとも読み取れます。
スキニーデニムの定番コーディネイトといえば、やっぱりロングカーディガンとのコーディネイトですね。スキニーデニムの特徴は、足にピッタリとフィットする感じですがきちんとしたブランドのものなら、デニムの内側の縫い方がしっかりしていて、足をより細く見せてくれます。それでも気になるのが、足の付け根のあたりでようか。それをカバーしてくれるのが、ロングカーディガンです。トップスにボリューム感の有るアイテムを合わせる事で、バランス良く見せる事が出来ます。
大きなバッグとあわせたり、ヒールの高い靴やウェッジソールなどとあわせても素敵ですね。大ぶりなアクセサリーも良く合いますよね!

コラム > スキニーデニムの特徴について書かれています。

スキニーデニムはスリムジーンズよりまだ細い!

カテゴリー :スキニー ジーンズ

スリムジーンズを、さらにタイトフィットさせたのが、スキニーデニムです。スリムデニムと言わない事からも、差別化をはかるネーミングになっています。よりシックに大人っぽいコーディネートをできるのが、スキニーデニムと言えそうです。ジーンズの語源はイタリア語で、デニムの語源はフランス語と言われています。
秋冬には、トップにオーバーサイズなものを持って、細身ブーツにインしてはくのがトレンドですね。レトロスタイルが流行しそうな今年の秋冬はロングカーディガンにスキニーデニムで決まりでしょう。スキニーデニムをはいた時に、足の付け根のあたりの気になる部分をカバーしてくれるのが、お尻もカバーするロングカーディガンです。スキニーデニムはその細さゆえ、履く人の体型を選ぶところがありましたが、今ではふくらはぎに合わせた、丸みのあるパターンを採用し、ひざ下がピチピチにならないものなどが登場しています。きちんとしたブランドのものなら、デニムの内側の縫い方がしっかりしていて、足をより細く見せてくれます。
しかしながら、自分の体型を見直し、素敵に着こなせる努力をすることは何にしても大事なことですね!

コラム > スキニーデニムはスリムジーンズよりまだ細い!について書かれています。

スキニーとスリムジーンズの違い

カテゴリー :スキニー ジーンズ

スキニーは、英語で「skinny」で「骨と皮ばかりの、やせた」という意味です。またデニムの語源は、フランス産のセルジュ・ドゥ・ニーム(英語ではデニム)を、ゴールドラッシュにわくアメリカ西海岸でテント地としてヒットさせたリーバイ・ストラウスが、その生地をインディゴで虫除け、蛇避けを兼ねて染めたものが、ブルーデニムであり、ジーンズの発祥です。
これまでは細いタイプのジーンズは「スリムジーンズ」とよばれていましたが、スキニーはさらにそれより細いということを強調しています。特にデザイン的には、ひざ下のデザインがぴったりフィットしている所に特徴があります。「スリムジーンズ」と「スキニーデニム」とは見た目もそれほど変わるわけではなく、「スタイルが変わる」「商品が新しくなる」といったインパクトを消費者に与えるために新しい用語を考え出しただけである、と批判的なむきもあるらしいですね。スキニーという言葉が商品名だと思っている人も多いかもしれませんが、そうではなくてスタイルのことを言うのですね。

コラム > スキニーとスリムジーンズの違いについて書かれています。